駆除すべきキンモンガ 駆除すべきスズメガ
駆除すべきトウワタ毒蛾が葉に

蜂の駆除には危険が伴います

蜂の毒を甘く見てはいけません。ミツ蜂でもけっして近づかない事が賢明で、蜂に刺される数が多く、刺された場所が悪ければ大きくはれ上がります。蜂の巣駆除は大変危険が伴いますので蜂の巣撤去のプロにお任せしましょう。5月~7月は働き蜂が羽化するまで、女王蜂が1匹で巣作りをしますので巣も小さく攻撃性も無いので駆除の狙い目です。8月~9月は働き蜂が羽化し始め巣は巨大化する繁殖期になり、より攻撃的で凶暴になりますので決して近づかないようにしましょう。

蜂の巣撤去料金を確認します。
蜂の種類によって料金が異なりますので、依頼する時には料金の確認を行いましょう。アシナガ蜂やスズメ蜂等は軒下や樹木の枝についた巣等の目に見える解放空間にある巣は定額料金で施工されるようですが、床下や天井裏などの閉鎖空間にある巣などは別途料金が発生する場合もありますの料金の確認が必要です。作業難易度や時間帯で大きな差が出やすいため見積もりを取るようお薦めします。蜂の種類によっては比較的安い費用で出来、反対に凶暴性のある蜂は高くなります。どんな蜂の巣でも安全に駆除したいものです。

駆除すべきスズメガと紫色の花

気になる料金

業者の中には、実際にどのような状況かを確認する際に料金を取るところもありますが、多くの所ではこの時点で料金は取らずに、作業内容として支払ってもらうようになっています。巣の大きさや状況によって料金が変わってくるのですが、安いところでは8600円から巣の駆除や撤去を行ってくれるところもあります。まずは見積もりを行ってもらい、その内容次第で利用するか考えるようにします。自分がわかる範囲で状況を伝えると言うことも大切です。

ハチの種類を調査します。
ハチの駆除に際しては、蜂の種類を確認する事から始めます。蜂の種類では大まかに分けて最も危険なスズメ蜂、アシナガ蜂、ミツ蜂がいます。スズメ蜂は攻撃性が強く巣に近づくだけで危険で、軒下、木の枝、屋根裏等に営巣します。次にアシナガ蜂ですがスズメ蜂より攻撃性はありませんが急に近づいたり刺激を与えると刺され、営巣は軒下、木の枝があります。ミツ蜂は刺激を与えなければ攻撃はされません、営巣は屋根裏、樹木の空洞等の閉鎖空間を好みます。

駆除すべき複数のトウワタ毒蛾

ハチの種類

日本にはたくさんの種類のハチがいます。その中には比較的穏やかなものもいれば、非常に攻撃性が強くて危険なものもいます。したがってむやみに刺激を与えるようなことはしないようにします。ハリには毒を盛っているものもあるので、命に関わると言うことにもつながってしまいます。したがってまずはハチの生態や危険性についてしっかりと理解をしておくと言うことが大切です。もし身近に巣を見つけたときには、専門の業者に駆除をしてもらうようにします。

駆除について
巣の駆除に関しては、専門の業者に行ってもらいます。巣の大きさが大きいほど、中にたくさんのハチがいると言うことなので、危険度も高くなります。専門の業者は特殊なスプレーなどを使って作業を行ってくれるので安心です。しかしあまりにも規模が大きい巣の場合には、安全のことを考えて日没後に作業が行われることもあります。日没後に作業を行うことによって、より安全に早く駆除をすることができるのです。作業の前には現地調査が行われることがほとんどです。